専門性の高いサービスの提供を通じて
医療、福祉に関わる支援に取り組みます

医療や福祉の発展に寄与したい

私は、行政書士という仕事は、事業者様をお手伝いすることを通じて、間接的に社会の役に立つことができる仕事だと考えています。 そのような中でも、業務を通じて取り組むべき問題として、少子高齢化の進行という社会問題に強い関心を持っています。 そして、少子高齢化が進む中でも、日本経済の衰退を食い止め、成長させていくためには、高齢者となっても元気に働くことができるようにするための医療の発展や、高齢者、障害者などの登用を促進するための福祉の充実が必要であると考えています。 だからといって、私自身が治療の提供や医療に関する研究をしたり、高齢者や障害者を支援する福祉施設を運営することはできません。

  • 介護
  • 介護
  • 介護
  • 介護

社会の安心を支え続ける

しかしながら、行政書士として、今、医療や福祉の充実のために私にできることがあります。
それは、大変複雑で面倒な医療や福祉に関する行政手続きを代行させていただくことにより、医療や福祉に関わる事業者様をサポートさせていただくことです。
行政書士として煩雑な手続きを代行させていただくことにより事業者様はご自分の事業に専念していただくことができるようになり、それによって間接的に医療や福祉の充実の一助になることができると考えています。

そこで、医療や福祉に携わる事業者様の支援を通じて医療や福祉の発展に寄与したいという想いを込めて、事務所の名称を「林医療福祉行政書士事務所」といたしました。

これからも医療、福祉関係専門の行政書士として、専門性の高いサービスの提供を通じて医療、福祉に関わる事業者様の支援に取り組み、少子高齢化の中でも成長を続けていくより良い社会の創造に寄与していきたいと考えております

  • 林大輔
  • 林大輔
  • 林大輔
  • 林大輔

お問い合わせ

ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

事前にご連絡をいただけましたら、営業時間外や休業日にも対応いたします。 また、チャットツールによる打ち合わせにも対応しております

電話番号0798-81-3834クリックでそのままお電話できます。

  • 営業時間10:00~18:00
  • 定休日土・日・祝